プリウスのホイル交換。やっぱり鍛造~

久々のプリウスネタ。

世の中、30型プリウスで盛り上がっているところですが・・・。

非常に欲しいのですが・・・。

あと1~2年のうち、プラグイン発売、そしてリチウムイオンバッテリーが搭載されることを期待して・・・

最低でも年次改良が終わった頃、、限定色の「プレミアム」バージョンが発売されるのが確実!と予想し、今は買い控えです(笑



ってウソです。単にお金がないだけなんです^^;



そんなプリウス20型、ツーリングプレミアムに乗って早4年半。

ついにこれに手を出しちゃいました。

f0056153_17174712.jpg


泣く子も黙るスタンダードレーシングホイル「RAYS TE37」でございます!


定価だと4本で20万円以上ですが、そこはお金をかけない俺。ヤフオクです(笑
38,000円の出費にて落札。サイズは純正より1センチちょっと幅広い6.5J オフセットは同じ+45でした。

なんといっても重さ!
f0056153_17542147.jpg


純正の15インチ鋳造ホイルも軽い部類に入るんですが
なんとこのTE37は体重計測定ながら4.2kg。おそらく同サイズの6.0jだと4.1kgぐらいかも。
これって・・・ハイブリッド専用なんて売っているあのホイルより軽いんじゃ・・・
いやいや、詮索はやめよう(笑

これをそのまま装着とも考えたのですが、友人の「とのさん」や「錯乱坊さん」とおそろになるので
ここは一発DIYといきましょう!

f0056153_1725442.jpg
ホイルのタグには1996年製とかいてありました。もう12年ほど経つんですね~
ハブやブレーキダストが内側に刺さり、もらい錆びが結構目立ちます。

f0056153_1728108.jpg
そこは電動工具を使い、一気に剥がしにかかります。

本来、DIYでの再塗装の場合、アルミ下地が出てしまうと厄介なんですが、最近は便利なものが沢山出ているんですね~

f0056153_17281774.jpg
磨く前の前後比較。

f0056153_17285227.jpg
これをジョイ(笑で洗って一時的なクリーニングと脱脂を行います。

簡単に書いていますが、電動サンダーで磨いたあと、耐水ペーパーなどで細かい段差を拾い、洗い、を2回ほど繰り返しています。下地が悪いとスプレーした時ガックリしますからねぇ^^;

f0056153_1734450.jpg
今回使用したスプレー。イサムのエアーウレタン。
これ、超優れもの。缶の中で2液混合し、強靭な塗膜を形成してくれます。
硬化したあとはガソリンやシンナーでもビクともしません。

ただ、値段がホームセンターなどだと2,000円ぐらいします。が今回はオクで1本1,600円でまとめ買いしました~。そして2液硬化なので半日ぐらいしか使用できないんですねぇ。

アルミ素地が出ているのでこのイサム製のくっついちゃうプライマーを使用。
アルミやABSなどにも使える万能プライマーです。

他社製だとミッチャクロンとか非金属プライマーなどの製品がありますね~

f0056153_17373662.jpg
まずはプラサフ塗布です。これも2液性。見せるのは表なので表だけ慎重に、垂れない様にちょっとずつ重ねます。この2液は重ねる場合20~30分で重ねないといけないので手際よく行きます。

f0056153_17444246.jpg
そして黒を!最初に内側にサッと色だけつけて、あとは表を3回塗り!慎重に慎重に。スプレーは3本つかいました。

f0056153_17442547.jpg
どうせならナットもいいものつけようと、同じRAYSのジュラルミンナットを。そしてTE37用のRAYSステッカーを。これが無いとなんだかパチモンに見えるからね~^^:


で、











f0056153_17471916.jpg
出来たー~(∩´∀`)∩

おお、なかなかいい感じ~

本来、軽量ホイルは燃費に効くなんて言ってますが、我々燃費マニアの観点から見ると

大差ありません( ゚д゚)、ペッ

タイヤの転がり抵抗のほうが断然重要~

個人的に空力大好きなのでホントは純正や何かのホイルカバーをつけたくもなるんですけど、
見た目にこれカッコいいじゃ~ん(´∀`*)ポッ

なので今回はグリル塞ぎの様な実用的な機能を差し置いてカッコで入りました。

私もプリウスいじりももう終わりに近づいています。

来週あたり、フロントスポイラーを撤去予定~^^
何でって・・・ 










ぶつけたから・・・
[PR]

by yoichi1200 | 2009-04-20 17:58 | プリウスのお話  

<< 最近は抑えてるんですよ??? こんなもの・・・ >>