30型プリウスのこと・・・。

SuperMID作者の「なおゆきさん」がデトロイトより帰国されました。

f0056153_16175148.jpg



いろいろ情報をもって帰ってくれました。
次期プリウスはカタログ値で10%、実際の燃費でも7、8%は上がるみたい。

アイドリングチェックは残るとか、

モーターに二段式リダクションギヤが付くとか

パワーモード・エコモードは、例のBLITZ製スロットルコントローラーと同様にペダル値の補正だけをおこなっているのでモーターの最大出力などが増加する訳ではないようです。(踏込めば結局一緒ってこと)

タイヤサイズは、195/65R15または215/45R17だとか

太陽電池出力80Wでは駐車中の換気にしか使用されないとか

HVバッテリーは、28モジュール201.6Vで650Vに昇圧されるそうですが
基本的には変わらないとか


ってまあ書ききれないのでやめておきます。

一割の燃費増なら、やはりまだまだ20型に頑張ってもらわなければなりません。
エコカーですから、買い替えの費用対価なども含めて環境に気を使いたいかな。

走りを求めるならスポーツカーに乗ればいい。
大体がしてこの車重やトーションビームのサスペンションで
走りは語れないでしょう?^^;
それでも30型はシステム出力で30馬力弱上がってるみたいだから
結構速いかも~

私の買い替えはアメリカの保障基準である17万キロか7年目の車検が最低の目安かなー

でも2月6日のインサイト発売には速攻行く予定です。
廉価版ハイブリッドの実力が確かなら、
コレこそ、本当のエコだと思います。

まぢで地球ヤバイと思う今日この頃です・・・。
[PR]

by yoichi1200 | 2009-01-22 16:19 | プリウスのお話  

<< ラーメン大好きよういちさん  ... 青のこだわり・・・ >>